出産育児一時金の支払方法が分娩機関への直接支払いに

平成21年10月1日から、出産育児一時金の支払われ方が変更になり、原則「協会けんぽ」から出産育児一時金を医療機関等に直接支払う仕組み(直接支払制度)に変更となりました。

今までは会社が「出産育児一時金」の用紙を書いてあげて従業員が病院から証明をもらってきて、会社が役所で手続きをとる...という形でしたが、原則その手続きが不要となったわけです。

これまでは分娩費用は退院のときには払わないといけないので出産育児一時金が入ってくるまでの2ヶ月ほどの間、立て替えておく、というかんじだったのですが、直接支払い制度に改定になることで今後は、出産費用を支払うためにあらかじめまとまった現金を用意しなくてもよいようになって妊婦さんにとってはありがたいですよね。
実際のところは無料で分娩ができる、ということになりますものね。

反対に分娩機関側としては、直接支払制度を行うと、病院に報酬が入ってくるのに数か月かかるので、その期間、病院の経営的には困るそうですが。。。