出産関係でもらえるお金

産休中にもらえるお金としては出産育児一時金と出産手当金とがあります。

それぞれについて見てみましょう。

出産育児一時金

妊娠・出産は病気ではないので保険はききません。一回の検診に最低でも5000円位、血液検査などが入ると1万円程度かかることもあります。

出産育児一時金とは、このように保険が適用されない出産費用を補うことを目的とした給付です。一時金で支給される出産育児一時金の給付はありがたいものです。


出産育児一時金をもらえる条件とは

出産育児一時金をもらえる条件としては両親のどちらかが健康保険か国民健康保険に加入しているということです。加入している健康保険から給付を受けることになります。


出産育児一時金の給付額は

出産育児一時金のは子供1人につき35万円が受け取れます。
子供一人につき、ですので、両親それぞれがお勤めされていて健康保険の被保険者であっても、どちらか一つのほうの健康保険から給付を受けることになります。

子供1人につき35万円なので双子なら2倍の70万円です。

出産育児一時金は働く女性だけでなく専業主婦やパートでご主人の扶養に入っている人も、ご主人のほうの健康保険から給付されます。

勤務先の健康保険によって、あるいは国民健康保険でも住んでいる自治体によっては、「付加給付」がついて35万円+αが給付される場合もあります。

また妊娠85日以上で死産や流産をした場合でも、この「出産育児一時金」の支給対象になります。

出産育児一時金の額は平成18年10月から国の少子化対策のひとつとして、それまでの30万円から5万円アップして35万円になりました。

さらに2009年度からは3万円アップして、38万円に増額されることになりました。
これから出産を控えた方にとって、給付が増えるのはありがたいことですよね!